〒465-0017 愛知県名古屋市名東区つつじが丘618番地

Web予約

当院の麻酔

  • HOME
  • 当院の麻酔
当院の麻酔

麻酔の実際の様子

当院では腫瘍症例、歯科症例など、高齢動物に多発する外科症例に麻酔が必要な場合も多く、そのような症例にも対応できる手術・麻酔管理に力を入れております。

麻酔のリスクは、その患者のASA分類のリスク評価によって大きく異なります。たとえば、重度でない歯科処置や避妊・去勢などの麻酔(ASA分類 class1)において、当院では開院以来、重大事故の発生は今のところありません。

術前検査

術前検査

通常の健康な動物では身体検査と簡易的血液検査をします。患者の年齢や状態、病歴などにより、エコーやレントゲン、ホルモン検査などもする場合もあります。

血管留置針

血管留置針

ここから薬剤投与や術中の点滴をします。また、麻酔中に起こる様々な変化に対応する薬の投与が可能になり、より安全な麻酔となります。当院では歯科処置する全例で実施します。

麻酔の導入

麻酔の導入

まず、前投与薬を注射し、動物の不安を取り除きます。その後麻酔薬で一時的に眠らせて気管内チューブを入れ、ガス麻酔で維持します。処置を受ける動物が不安を感じる前に麻酔を導入するように心がけています。

麻酔薬の選択

麻酔薬の選択

患者の年齢や状態によってオーダーメイドの麻酔薬を選択します。

麻酔・手術

麻酔・手術

基本的に麻酔深度の微調節が可能なガス麻酔を用います。術者の他に、麻酔係、助手(器具係)の3人体制です。

麻酔・処置後

麻酔・処置後

スタッフルームの隣にある暖かい入院室で点滴を続けて休みます。歯石除去程度なら、その日のうちに歩いて帰れることがほとんどです。

麻酔モニターなど

麻酔モニター・人工呼吸器

麻酔モニター・人工呼吸器。心電図、脈拍、酸素飽和度、呼吸数、終末呼気二酸化濃度、酸素飽和度、体温、回路内ガス麻酔濃度など、様々な項目をモニターします。

温風式加温装置

温風式加温装置

麻酔で代謝の落ちた動物、歯科処置や消毒の水は特に患者の体温を奪います。保温効果が高く、患者の体温が低下することはほとんどありません。

術中点滴

術中点滴

麻酔中の血圧維持に必要となります。ここから薬剤の投与も可能です。

麻酔専属スタッフ

麻酔専属スタッフ

専属のスタッフが、しっかり麻酔管理・記録をします。

ご予約・お問い合わせつつじが丘動物病院

 

当院への診療のご予約およびお問い合わせはこちらから。

TEL 052-870-2687

診療時間
9:00~12:00
順番予約制
16:00~16:30
完全予約制
16:30~19:30
順番予約制
  • [☆]16:00~16:30は完全予約制です。ゆとりある診察のため、歯科、腫瘍科の初診は、できれば予約診察をご利用ください。
  • [★]土曜日は18:00までの診療です。
  • [○]順番予約制ですが、事前の診察予約も可能です。
  • [※]当院の患者さまに限り、極力対応します。留守録のメッセージに従ってください。20分以内に返答がない場合、すでに状態が悪い時は他の最寄りの動物病院を受診してください。
  • [往診]どうしても来院いただけない場合にご相談ください。12:00~16:30は予約診療、手術、往診です。