〒465-0017 愛知県名古屋市名東区つつじが丘618番地

Web予約

歯が折れた(犬)

  • HOME
  • 歯が折れた(犬)
歯が折れた(犬)

当院では、”治療後に再破折しない丁寧な修復”、”​修復後も歯周炎になりにくい修復治療”に力を入れています。せっかく治療しても、いい状態を維持できてこそ、のものだと考えています。

  • 破折治療後は、当院で歯科予防プラグラムと経過観察をさせていただきます。(治療内容などの情報はCDなどでお渡しし、必要に応じてかかりつけ元に報告します。)
  • 治療後2年間の保証期間を設定。(ただし、3-6か月毎の検診に来ていただきます)

    歯が折れた時などに実施する歯髄処置は、当院では年間、およそ30例の処置実績があります。

 

「2日前に歯が折れた」
歯根の接着と断髄による治療

「2日前に歯が折れた」⇒ 歯根の接着と断髄による治療
治療前。 神経が見え、割れ目の一部は歯茎の中に及ぶ。
「2日前に歯が折れた」⇒ 歯根の接着と断髄による治療
割れ目の中を顕微鏡下で完全にきれいにします。
「2日前に歯が折れた」⇒ 歯根の接着と断髄による治療
特別なボンドで破片を接着させ、神経は汚れた部分を断髄
「2日前に歯が折れた」⇒ 歯根の接着と断髄による治療
顕微鏡下で仕上げ、完成

歯が折れて歯髄の感染がみられた歯に
対する保存修復の例

歯が折れて歯髄の感染がみられた歯に対する保存修復の例
歯が折れて歯髄の感染がみられた歯に対する保存修復の例
歯が折れて歯髄の感染がみられた歯に対する保存修復の例

歯が折れて神経が露出。3本の根幹に対し、それぞれ抜髄・根管充填・歯冠修復を行い、保存修復。

両側の歯が折れて共に歯髄の感染が見られた例
(左側は歯根破折も合併している)黄色矢印

治療前

歯茎の中に破折が及んでいる露髄を伴う歯冠歯根破折

治療直後


治療後3か月(上)
24ヵ月(下)

処置後3か月
処置後24ヵ月
歯周炎が不可避の歯根破折が、治療後も安定している。

処置後3か月
処置後24ヵ月
こちらも安定

歯が折れ、歯髄が露出し、
歯肉の中におよんでいる例[1]
(抜髄と歯周外科による再建)

歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[1](抜髄と歯周外科による再建)
歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[1](抜髄と歯周外科による再建)
歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[1](抜髄と歯周外科による再建)
歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[1](抜髄と歯周外科による再建)
歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[1](抜髄と歯周外科による再建)

歯の割れ目が歯肉の中に達していて、歯内治療に加えて、完全な止血後に歯周外科(APF)で生物学的幅径を再建。

治療後:10日後。歯髄や歯冠だけでなく、歯肉の状態も回復している。

歯が折れ、歯髄が露出し、
歯肉の中に及んでいる例[2]

歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[2]
歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[2]
歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[2]

治療前:歯肉の中まで割れ目が及んでいる。歯肉を切開して完全な止血とコンディショニング後に修復、歯肉の生物学的幅径を再建。

治療後1年:長期経過しても歯肉の状態がよい。

歯が折れ、歯髄が露出し、
歯肉の中に及んでいる例[3]

歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[3]
歯が折れ、歯髄が露出し、歯肉の中に及んでいる例[3]

治療前:歯肉の中まで割れ目がおよんでいる。破片を利用して修復

治療後(6ヶ月後):歯肉の状態も良好。

ご予約・お問い合わせつつじが丘動物病院

 

当院への診療のご予約およびお問い合わせはこちらから。

TEL 052-870-2687

診療時間
9:00~12:00
順番予約制
16:00~16:30
完全予約制
16:30~19:30
順番予約制
  • [☆]16:00~16:30は完全予約制です。ゆとりある診察のため、歯科、腫瘍科の初診は、できれば予約診察をご利用ください。
  • [★]土曜日は18:00までの診療です。
  • [○]順番予約制ですが、事前の診察予約も可能です。
  • [※]当院の患者さまに限り、極力対応します。留守録のメッセージに従ってください。20分以内に返答がない場合、すでに状態が悪い時は他の最寄りの動物病院を受診してください。
  • [往診]どうしても来院いただけない場合にご相談ください。12:00~16:30は予約診療、手術、往診です。